<![CDATA[刺青芸術工房 龍元洞 TRADITIONAL JAPANESE TATTOOING - Blog]]>Sat, 13 Jan 2018 10:09:47 +0900Weebly<![CDATA[引っ越しました]]>Fri, 12 Jan 2018 13:13:44 GMThttp://ryugendo.jp/blog/4490088サーバーの都合により、ブログのみ引っ越しました。ブログはこれからも変わらず続けていきますので、引き続きよろしくお願い致します。
刺青師・龍元のblog
blog.livedoor.jp/ryugendo/

]]>
<![CDATA[新年南房総神社仏閣巡りその2]]>Mon, 08 Jan 2018 13:44:23 GMThttp://ryugendo.jp/blog/2あまり信心深くもない私ですが、神社仏閣の彫り物を見るのは好きで、普段からいろいろ観て廻っています。日本の神様仏様は優しいので何箇所参拝しても怒りません。

前回は神社仏閣巡りとタイトルを付けながら泊まったホテルの事ばかりになってしまったので、今回は参拝した所を紹介しますね。

先ずは鴨川市平塚の大山寺不動堂です。
山の中腹にあり、中々荘厳な雰囲気です。3日だったので、人はほとんど居なくてたこ焼きの屋台も店仕舞いをしている最中でした。
”波の伊八”こと武志伊八郎信由の彫り物。
宮殿が圧巻でしたが、近くに寄れず残念。

​次は鴨川市仲の吉保八幡神社。「きっぽうはちまんじんじゃ」と読みます。
本殿に是非とも直に見てみたい彫り物があったのですが、残念ながら無人で中に入れず。

次は鴨川市打墨の金乗院。
大日堂です。一見、それほど彫り物がある様には見えません。

寄ってみると、ありました。”波の伊八”の手による「向拝の龍」
大日堂に寄る前にお坊さんに挨拶をして、ここに来た訳を話すと中に入っても良いとの事だったので、入れていただきました。
ここにも伊八の作品が。

次は鴨川市清澄の清澄寺。
大堂摩尼殿。ここも彫り物が有名なのですが、丁度、読経をやっていて写真は撮れず。
1647年建立の中門。

清澄寺の近くの見晴らし台から。

この日はもう日が暮れて来たので、館山のホテルへ。続きはまた次回。

]]>
<![CDATA[南房総新年神社仏閣巡り]]>Wed, 03 Jan 2018 21:12:22 GMThttp://ryugendo.jp/blog/8437378明けましておめでとうございます。

弟子の彫鈴と長男と男三匹ぶらり南房総神社仏閣巡りに来ています。

昨日は4軒、鴨川辺りの神社仏閣の彫刻を観て廻って、今日は巨大石仏で有名な鋸山の日本寺に行こうと思っています。

宿は急遽ホテルズドットコムで館山に取りました。三ヶ日に急にホテルが取れるなんて、ネットって本当に便利ですよね。

こんな所に泊まりました。

白浜クラブというホテルです。変わった名前です。

一階ロビー

一階ロビーのトイレ。広い‼︎ 今まで色々な国のトイレをレポートして来ましたが、バイクの置いてあるトイレは初めてです。

三人部屋。広いです。

LDK付き。

化粧台もオサレ。

窓からは海が見えます。

併設されているレストランも美味しいし、とても良いホテルだと思うのでオススメです。

白浜クラブ
http://shirahamaclub.com/

]]>
<![CDATA[明けましておめでとうございます]]>Wed, 03 Jan 2018 10:58:58 GMThttp://ryugendo.jp/blog/1208838]]><![CDATA[右の膝]]>Tue, 26 Dec 2017 01:53:17 GMThttp://ryugendo.jp/blog/5283384実を言うとフローレンス大会から帰って来て1ヶ月半経つが、右膝の痛みが引かなかった。と、過去形なのは突然治ったから。

一昨日立って仕事をしていて、うっかり体重を右足にかけたまま体を捻ったら、膝からゴキュッと音がして、
「やっちまった‼︎」
と思ったが、それ以来痛みが無い。

関節がちゃんとハマったのか。それとも挟まってた筋か何かが抜けたのか。まだ、微かに痛みの名残りがあるけど、以前に比べれば何でも無い。もう階段も登れるし、走る事だって出来そうだ。

まだ怖いけど。。。


]]>
<![CDATA[銃社会]]>Sun, 24 Dec 2017 00:25:57 GMThttp://ryugendo.jp/blog/1435409今アメリカから外弟子の彫鈴が勉強に来ているのですが、アメリカの拳銃のライセンスを見せて貰いました。

拳銃はダメだけど猟銃などは免許を取れば日本でも持つ事が出来るよ、と私が言うと、猟銃はアメリカでは誰でも持てるとの事。

今回日本に来る前、友人に言われたそうです。
「日本では銃を持ち歩けないらしいじゃないか、どうやって身を守るんだよ、危険な国だな」

アメリカンジョークみたいな話ですが、実際コレがアメリカ人の感覚なのかも知れません。


]]>
<![CDATA[虫の習性]]>Tue, 19 Dec 2017 23:52:23 GMThttp://ryugendo.jp/blog/6632309車で走ってて進路を妨害されたり、高速で煽られたり、歩いてて道を塞がれたり、お店の店員に横柄な態度を取られたり… 

以前は頭に来たものですが、最近は相手は虫で、相手の行動は習性によるものだと思う事にしています。ハチが飛んで来れば誰でも静かにそっと立ち去るモノです。短気は損気。そう考えると人生楽に生きられます。

​もちろん、刺しに来れば対処はしなければなりませんが。


]]>
<![CDATA[手彫り]]>Mon, 18 Dec 2017 14:46:53 GMThttp://ryugendo.jp/blog/9948629意外かも知れませんが、手彫りはマシン程には痛くありません。術後のヒリヒリとする痛みも少なく、治りも格段に速いです。手洗いと洗濯機の違いに例えると分かりやすいかも知れません。

所要時間については、絵柄にもよるのですが、手彫りはマシンより遅いとは必ずしも言えません。私が海外のコンベンションに参加すると決まって言われるのが、「速い」という事です。

作風にもよりますし、マシンを使っても人によって仕事の遅い速いに随分と差があるので一概には言えませんが、私の感じでは平均的なマシンの彫師とそれほど違わないと思います。私の手彫りより遅いマシンの彫師も沢山います。

別に速く彫れる様になる事を目指している訳ではないのですが、針の研究や色々な小さな改良を重ねて来ているので、10年前に6時間掛かった物が、今では4時間半位で彫れてしまいます。手間暇掛けて金掛けて売り上げを落としてどうする、と他人には言われますが、速いのはあくまでも改良を重ねた結果であって、良い仕事をする事が次の仕事に繋がりますからね。

と、ここまではもちろんボカシの話です。手彫りのスジは時間が掛かります。多分マシンの2倍から3倍位、絵柄によってはそれ以上掛かると思います。

マシンのスジ彫りの場合、所要時間は全体の1015%位なので、五分袖を総手彫りでやると36時間、絵柄によってはそれ以上に余計に掛かる計算になります。それでも最近は総手彫りでというお客さんが増えて来ましたね。やはり日本伝統刺青は手彫りでという事なのでしょう。

私としては総手彫りなら、マッドマックスや北斗の拳の様な荒れ果てた世界で、例え電気が通ってなくても刺青が彫れるな、なんて空想に浸っている訳です。近い将来、あんな世界が必ず来ると信じてますからね。




]]>
<![CDATA[三つの我慢]]>Sun, 17 Dec 2017 00:32:31 GMThttp://ryugendo.jp/blog/9186186刺青には三つのガマンが必要だと言われます。

一つ目はお金の我慢。何かをやり遂げるには何かを我慢しなくてはなりません。飲みに行く回数を減らしたり、趣味を我慢したり。

二つ目は通う我慢。忙しい日々の中、時間をやり繰りして通わなければ仕上がりません。ネットで買い物をするみたいには行かないのです。

三つ目は痛みの我慢。これは本当の我慢、どうしようもありません。麻酔を使って捕まった彫師がいましたが、当師ではもちろん使っていません、




]]>
<![CDATA[手彫りの技法]]>Fri, 15 Dec 2017 03:55:40 GMThttp://ryugendo.jp/blog/6278615私はスジはマシンでボカシは手彫りを基本としていますが、要望によってスジからボカシまで全て手彫りで行う総手彫りも受けています。

スジというのはアウトライン、つまり輪郭の事です。和彫りの原点である日本画や浮世絵は線画が主流なので、スジが一番重要な部分です。

ボカシというのは刺青用語で、普通の言葉の使い方と少し違って、色や墨などを入れる事全般の事です。ベタボカシ・ウスボカシ・アケボノボカシなどの種類が有ります。

ベタボカシというのは本墨、つまり濃い墨で均一にボカす事を言います。本ボカシとも言います。

ウスボカシというのは薄墨で均一にボカす事を言います。水ボカシともいいます。あらかじめ薄めた墨を使う方法と、本墨を含ませた針先を水で洗いながら彫る方法があります。

アケボノボカシというのは、薄墨から本墨に、又はその逆方向へ無段階のグラデーションでボカして行く彫り方です。一番難しく、これが出来なければ手彫り彫師とは言えません。

他にイロノサシカエというのがあります。色のグラデーションの事です。アケボノボカシというのは単に濃さのグラデーションですが、色のアケボノに他の色のアケボノを重ねる事により、赤から青へなど、様々な組み合わせにより色のグラデーションを作る事が出来ます。




]]>